健康を維持するのに必須な成分

内臓の調子をしっかり整えておくと肌の調子がよくなると聞くと、ヨーグルトをたっぷり食べていました。

そんな私ですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。

「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

また、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として高く興味をもたれています。

事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、お腹、環境を良好にしてくれるはずです。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必須な成分だと主張することができます。

そんな乳酸菌と言って思い浮かぶのは、カルピスですが、私も幼いころから、毎日味わっていました。

そのため、私は便秘になった事がありませんが、カルピスを飲み続けていたのでとても身体が丈夫になりました。

乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは、わかめペプチド効果みたいにどんな人でも理解できます。

しかし、乳酸菌は胃酸が不得意なので、せっかく食べても胃で死滅して効果が出ないのではというふうに思っている人もいます。

実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、体の健康維持のために大変効果的です。